グルテンフリー生活で体がどう変わるのか?

ストレッチしてぐっすり寝ても抜けきれない慢性的な疲労感。
そこに片頭痛やめまい、肌荒れと不調ばかり感じると精神的にも
辛いですよね。

しかも、睡眠と栄養取ってリフレッシュすれば治ると信じて疑わない人も大勢いるはず。

健康志向が注目されてグルテンフリーの食品が登場し始めてきましたが、その方が健康に良いだろうと何となく選ぶ人もいると思います。

実際、グルテンは消化しにくいタンパク質なので、小麦製品を多く食べてると目に見えないレベルで腸内が無数に腸内が傷つき穴が開くこともあるとされ、健康や美を司る腸がこのざまではあらゆる心身不調の連続は避けられません。

カレールやパン、麺類など今日食べた食事の中で小麦が含まれて
いるも加工食品がほとんど。

調味料のお醤油でさえ小麦が使われているので、
意識してグルテンフリー生活をするのはものすご~く困難というわけ。

でも、既にお腹の調子が不安定な人はグルテン不耐性を疑ってみて、食事が少しずつでも変化していくと実感として手応えがあるかと思います。